• HERGOPOCH モデル一覧
  • HERGOPOCH のこだわり
  • HERGOPOCH の素材一覧
  • HERGOPOCH マイページ
  • HERGOPOCH 雑誌掲載情報
  • ロゼストについて

スタイリスト×エルゴポック(Hergopch)

  • HERGOPOCH×STYLIST
  • HERGOPOCH×STYLIST
  • HERGOPOCH×STYLIST
  • HERGOPOCH×STYLIST
  • HERGOPOCH×STYLIST

森岡弘,HERGOPOCH

”Hergopoch meets People”と題して、ロゼストのプレス兼バイヤーである五十嵐がさまざまな分野で活躍する方をお招きして対談形式でお送り致します。今回はスタイリスト 森岡 弘さんをお迎えします。

 

 

五十嵐:
こんにちは。森岡さんとはもう10年以上のお付き合いでして、その都会的で艶っぽい スタイリングが大好きなんですけれども、最近は本を執筆されたり、航空会社のユニフォームをディレクションされたりと その活躍範囲がどんどん広がってますね。今日はお忙しいところわざわざ有難うございます。
森岡さん:
いえいえ、五十嵐君とは実は地元が一緒なんだよね、僕の実家の直ぐそばの大学に通ってたんだもんね。
五十嵐:
そうですね、でもそれ判ったの初めてお会いしてから5年くらいは経ってからじゃないですか(笑)
森岡さん:
まぁ世間は狭いと言う事だね、で今日は新作のボストンバッグが登場したって聞いてきたんだけど!
五十嵐:
早速ですが、見ていただけますか!
森岡さん:
もちろんです。
五十嵐:
こちらです。最近こういったボストンタイプのバッグを日常使いに持った男性を見かけるようになりましたけれど、 森岡さん的にはそういう傾向ってどうお考えになりますか?
森岡さん:
うーん、そうですね、僕の個人的な意見、多分間違ってはいないとは思うんですけど、ファッションアイテムって 今どんどん広がっていると思うんですよ。少し前までなら靴ですかね、靴も含めてスタイリングっていう考え方でしたけど、 今は例えばメガネとか帽子とかまでスタイリングの一部として要素になっている。それと同じようにバッグも今は そういったアイテムになっていると思うんですよね。例えば今日のコーディネイトにはこのバッグとか、 いわゆる単純に物を入れて持ち運ぶだけではなく、ファッションとの関わり方っていうのが重要になってきていると 思います。実際に見ていると、どんどんバッグのバリエーションていうのは増えてきていて、一部には男性用、女性用どっちなの といったものも存在していたりと。これって実は洋服と一緒で、すでにファッションは性別を超えつつあり、年齢を超えつつありしていて その中で好きなものをチョイスし、好きに持つっていう感覚的な部分に実はバッグもなりつつあるのかなと感じています。
五十嵐:
そうですね、ひと昔前なら、こういったボストンバッグって旅行用とかゴルフ用とかいう限定的なイメージがありましたけれども・・・
森岡さん:
まさに今言われたとおりで、一昔前はそれこそバッグ売り場でも、旅行用とかビジネス用とかって分け方で売られてましたよね。 でも今はそういうものではなく、こうやって使いたいなとかこの時に使えるぞみたいな使う人が自由にシチュエーションを 考えて選ぶ時代ですよね。さらにデザインのバリエーションが増えているので、機能性とデザインのバランスという部分で自分好みの バッグを選ぶのが楽しさではないですかね。
五十嵐:
ファッションとなると、一方ではセンスがないとなかなか選ぶのが難しいと捉えられる方々も多いのですが、 こういうボストンバッグって日常使いにはどうですかね?
森岡さん:
これパッと見た感じですね、日常使いに全然いけますね。僕は基本的にトートバッグ派なんですけど、このデザインならトートとも 同じようなイメージで使えそうです。僕は肩掛け派なんですが、この持ち手も十分に長さがあって、肩にかける事ができますね。 さらに、荷物がタテに入れれる十分な高さがあって、モノを一杯に入れてもバッグが自立しますよね。この自立するってトコが 僕的には譲れないポイントで、この立ち姿が綺麗ですよね。 あと、この上部のジッパーが蓋の代わりになってくれそうですよね、まぁ肩にかけてという使い方なら普段はジッパーは開けっ放し でも全然良いと思うのですが、イザという時に蓋が出来るというのはポイント高いと思いますね。 この大きさも大き過ぎず、小さ過ぎずで僕には丁度よい感じですね。僕はゴルフによく行くのですが、ゴルフシューズも 十分入りそうですし、スポーツジム通いなんかにももってこいでしょうね!
五十嵐:
是非持ってみて下さい!
森岡さん:
コレですね、なるほど。 まず今は中に何も入っていない状態ですよね、それでこのフォルムがキチッと出てるのがいいですよ。
五十嵐:
重さはどうですか?
森岡さん:
これはもう圧倒的に軽いですよね、ここまで軽いとこの軽さから入ってくる御客様も多いのではないでしょうかね。
五十嵐:
ヌメ革というと重くなりがちなんですが、パーツパーツの継ぎ目、縫い目部分を薄く剥いたりする事で 軽さにはかなりこだわって作っています。
森岡さん:
どうです?僕の今の格好でも悪くないですね、スポーティというか、決してカジュアル過ぎなくって僕くらいの年代の人なんかでも これなら持ち易そうですね。
五十嵐:
今みたいな手持ちの他に、ショルダーストラップが付属していますので、斜め掛けでもお使いいただけます。
森岡さん:
1~2泊程度の旅行になんて場面ではこのストラップがありがたいんですよね。
五十嵐:
プラス、細かいところですが、このサイドに持ち手が付いてまして、例えば高いところ(電車の釣り棚や飛行機の収納BOX) から荷物を取り出す時なんかには重宝かなと、あとデザイン的な要素もありますが・・・
森岡さん:
これ意外に需要です!使う方にとってはありがたいですよね、確かに電車に乗った時なんかにはありがたいなぁ。 しかし、ホントよく考えられていますよねー! あとはですね、このジッパーの引き手、この大きさが親指と人差し指でピタッと持ち具合よく開閉できますよね。 大き過ぎても不格好だし小さ過ぎても使いづらい、色も大人っぽいブラック基調でいいですね。
五十嵐:
ジップや金具は全てエルゴポックのオリジナルです。
森岡さん:
なるほど、隅々までよく出来てますねー この軽さがホントにいいですね。
これもしかしたらスーツとかジャケットとかと同じですね!
五十嵐:
といいますと?
森岡さん:
例えば一昔前のスーツ・ジャケットって英国の生地を使って英国サビル・ロウ的な仕立てってのがかっちり見えて凛々しくカッコよくだったんですけど 今、英国のしっかりした打ち込みの生地使ってなんていうと重くてダメだって事になる訳ですよ。 今は英国風の見た目とイタリア仕立ての軽さ、柔らかさの両方が求められるんですよね。 「カッチリしてるけど軽い」ってのが今の男性のファッションで大きなキーワードになっています。 そういう目線で見ると判りやすいと思うんですけど、この見た目の固さって実は重要だと思うんですね、でも実際にモノを入れて 重くて持ちづらいのはダメだし。この軽さってのはそれだけ大きなポイントだと思います。 多分、ヌメ革の男性的な見た目の固さの割に、実際の革の厚さはそれ程厚くないんでしょうね、でないとこの軽さはでないと思うな。
五十嵐:
そうですね、この辺りの素材使いはメーカーの企画チームの方も相当にこだわって作っているとおっしゃってましたし、 ボディにはソフトな革、持ち手やサイドに回してある部分にはハードなヌメ革という風に使い分け、後者には いわゆる骨のような役目を持たせている為に、このような見た目のカッチリ感が出ているんです。
森岡さん:
この固さは耐久性の部分でも有効なんでしょうね。
五十嵐:
そうですね、オイルをたっぷりと使ってなめされていますから、雨や油分にも非常に高い耐久性を持っています。
森岡さん:
せっかくなので次は中も見ていいですか?
五十嵐:
もちろんです、どうぞ
森岡さん:
なるほど、ちゃんと左右にポケットが多く配されてますね。これ今すごく重要だと思いますね。 身の回りのものって小さいものが多いじゃないですか、携帯も2個持ちが一般的ですし、デジカメ、手帳、カード類など、 ポケットに入れたくなるものが実はバッグに入れるメインだったりしたりしますからね。 さらに大きいバッグだと、いちいち探さなきゃいけなくなるじゃないですか。そういう意味でポケットはありがたいですね。
五十嵐:
大きいバッグほどポケットが重要視されてくるってことですね。
森岡さん:
うん、そういう意味ではこのサイズのレザーボストンで軽さと収納の多さを兼ね備えている存在って貴重かも知れませんね。
五十嵐:
そうですね、このモデル実際非常に人気が高まっています。やはりレザー素材というところにこだわる御客様が多くいらっしゃいます。
森岡さん:
さっきも少し触れましたけど、レザー素材ならではのカジュアル過ぎない部分というのが、今の時代にマッチしてるんじゃないでしょうか。 ナイロン素材は確かに軽くて便利だけど、古くなってきたらそれまでなんですよね。レザーみたいにエイジングされてかない、 道具として愛着が湧かないんですよ。
五十嵐:
洋服もそうですよね、ナイロン素材のものって軽いし手入れが要らないし、「ラク」ですよね。機能性というか効率という部分で考えると さっき話に出た英国のウール地なんてのはお話にならない・・・
森岡さん:
でも実際にはオトコのファッションにおいては英国のウール地って今も昔も一つのスタンダードとして 君臨していて、決して古い過去のものではない。それはどうしてだろうって考えていくとオトコのファッションって 結局は道具としての側面が垣間見えるものじゃないとカッコよくないって事だと思うんですよ。 確かにトレンドとしては様々なものが出てくるんだけど、それはファッションビジネスとして作り出された流行なりカッコよさ であって、大人が目指すいわゆる「スタイル」とはまた異質なものなんですよね。 経年変化的なものが味になってカッコよく見えるってことが今も昔もオトコのダンディズムみたくDNAに刻み込まれていて それを時代性とうまく反映させてく作業が「スタイル」じゃないですかね。
五十嵐:
「ファッション」と「スタイル」。この言葉は同義語のようで違いますよね。
森岡さん:
そうですね、エルゴポックってブランド誕生から何年目ですか?
五十嵐:
今年で6年目になります。
森岡さん:
なるほど、まだまだ若いブランドですね、でもここ数年エルゴポックのバッグを撮影などでもよく見ていたんですけど 「ファッション」よりも「スタイル」を目指しているブランドなんだって雰囲気が凄く伝わってきます。
五十嵐:
さすが、森岡さん、鋭い!エルゴポックのブランドコンセプトの中にも「ライフスタイルの一部としての現代的な美しさがあること」という 一文があります。
森岡さん:
エルゴポックのコレクションには毎シーズン劇的な変化はないですけど、ある程度の期間で比較すると着実に「進化」と「深化」していますよね。 ダメだった部分は改良して、好評だった部分はより掘り下げてっていうとわかりやすいのかな。 その両方の目線でのモノ作りをしているブランドに見えます、軸があまりブレてないですね。
五十嵐:
私も地に足が着いているブランドである部分がエルゴポックを胸張って皆様におススメできる一番の点でもあります。 決してハデではないですが、年を追うごとに着実に使いやすく、クオリティが高くなってきています。
森岡さん:
デザインも決して主張し過ぎない、でもキチンと考えられて作られているなという部分が見受けられる。 専業メーカーならではの底力というか、核となるものの強さを感じます。
五十嵐:
当店で扱っているスーツやパンツ、シャツなどもほぼイタリアの専業メーカーの製品です。 彼等の一番の強みは「プライド」ですよね、魂、ハートと言ってもいいでしょう。 代々受け継がれてきた家業であるケースがほとんどな訳ですが、すごくプライドを持ってモノ作りに取り組んでいる。 でもそのプライドってのは、過去に生み出した製品にではなく、あくまで今作っているモノ、もっと言えば来シーズン以降の モノ作りにプライドを持って取り組んでいる。 それこそ「進化」であり「深化」しています。
森岡さん:
うんうん、何となくエルゴポックにもその雰囲気を感じます。 僕思うんですけど、今っていい意味で身につけるものを選ぶ基準がイーブンになってて、一昔前みたく高いから着るとか イタリア製だから買うとか、何々のブランドじゃなきゃイヤだとかって感覚がどんどんなくなってきてます。 じゃあモノ選びの基準はっていうと今は「モノの力」ですよね。もっと言うとその人のセンスの時代です。 その人が選んだモノがその人のキャラクターとなり、スタイルへと繋がるという。 ちょっと話が反れるかも知れませんが、お洒落ってワードも最近ちょっと違うかなぁと思っています。
五十嵐:
といいますと?
森岡さん:
「あの人ほんとお洒落だよね」って言葉って今の時代と少し合ってないんじゃなかろうかと。 お洒落って純粋にホメ言葉でもなくなってきてると言いますか・・・ 今なら「あの人ほんと素敵だよね」ってのがしっくりきません?
五十嵐:
確かに!「素敵」というワードは言われて不愉快な人いませんよね、さらにファッションだけでなく、その人のセンス、スタイルまでも 含めて指している感じもしますし。
森岡さん:
その人に馴染んでるって言いますか、とんがったところがなくて、全てがその人らしく納まっている。上手く言えませんが 今の時代はそういう人が素敵だなと思いますね。 そういう意味ではエルゴポックは非常に今の時代にマッチしていると言えるとも思いますよ。
五十嵐:
確かにとんがったところがなく、殊更にブランドロゴを掲げている訳でもないですしね。
森岡さん:
メイド イン ジャパン代表のバッグメーカーとして、これからもその「進化」と「深化」を 楽しみにしていますよ。
五十嵐:
森岡さんにそう仰っていただけると心強いですね! 本日は色んなお話をお伺いでき、非常に楽しかったです。 有難うございました。
 
スタイリスト×エルゴポック(Hergopch)

森岡 弘

株式会社グローブ 代表取締役/ファッションディレクター&スタイリスト

早稲田大学在学中より、株式会社婦人画報社(現アシェット婦人画報社)にて編集業務にかかわる。 同大学卒業後、同社に正社員として入社し、男性ファッション誌「メンズクラブ」編集部にて、ファッションエディターとして従事。 10年間勤務した株式会社婦人画報社を退社後、1996年8月クリエイティブオフィス「株式会社グローブ」を設立。 ファッションを中心に活動の幅を広げ、俳優、芸能人、ダンサー、ミュージシャン、アーティスト、アスリート、文化人、政治家、企業家 のスタイリングを行う。 またイベントやショップのコスチューム、企業のユニフォームをデザイン・制作。 アパレルブランドやライフスタイルブランドのプロデュース&ディレクション。 広告ビジュアル提案、カタログ制作、雑誌のファッョンディレクションやスタイリングも手掛ける。

http://hiroshimorioka.jp/